夏たべちゃった


小さくって 真っ白で ほっそりとして あら?
わたしの足かしら・・?
なんちゃって 訪ねたら
みずみずしくって ぴちぴちして
辛いんだぞぉ!!
って



いっただきま~っす!!
[PR]
# by egaoniyosete | 2005-06-29 00:00 | あまんぢゃく

さぼてん


小さなお帽子
ぴこぴこ あんてな
ぴぴぴ
って きみの心が届きます
たった
生まれて 一週間の ぼく等でも
ぼてん さぼてん
きみの心で僕らは育つ
[PR]
# by egaoniyosete | 2005-06-27 00:00 | あまんぢゃく

あじさい


七色は 古来より咲かせて
はせりを いふなり

今は まだ
蒼いにもそまりぬ

花いちもんめ
[PR]
# by egaoniyosete | 2005-06-23 00:00 | あまんぢゃく

おくりもの


どれだけの思い 届かない 言葉よりも
あなたへ
ありきたりの品を届けます
どこにでもある
それが

好きです
[PR]
# by egaoniyosete | 2005-06-16 00:00 | あまんぢゃく

あまんぢゃく


あまんぢゃく
あの子に くっついて 離れない
あまんぢゃく あの子 と
あんなに仲良く 遊んでるのに・・・


北風吹いて突然 真っ暗な空おりてきた 午後
つぶつぶは ひょうひょうな きょとんとして 足元で 転がってみせた
からっ風 いたずらっ子 あまんぢゃく
嫌われないように ね


北風吹いて突然 あの子の帽子飛んでった 午後
つぶつぶは ぽろぽろぽろろん 乗っかって くっついてみたかったん
からっ風 いたずらっ子 あまんぢゃく
甘えんぼしたいのよ ね


あなたとは お友達になれるか な・・?
[PR]
# by egaoniyosete | 2004-11-27 00:00 | あまんぢゃく

みち


平らな未知は つまんないから でこ ぼこを 作っちゃおぅ
つま先に ぽこん って あたったら 「転んだふりしてみたんだよ」 って 言ってみよぅ
クスッ て笑って あっち向いて ふるるん 逃げたくなっちゃう からさ
曲がりくねって とげとげ ちくちく つるるんすってん

うふふっ
[PR]
# by egaoniyosete | 2004-11-12 00:00 | あまんぢゃく

ふた~つ


ひと~つ ひとつ あったとき
くらべるものが なんにもなくって
いっぱい いっぱい
いっぱいだった あのころ

ふた~つ ふたつ なったとき
いいとこ とことこ わけあって
いっぱい いっぱい
い~っぱいになった このごろ
[PR]
# by egaoniyosete | 2004-11-11 00:00 | あまんぢゃく

おねつなの


ほわん ほわん おねつなの
風さんが いじわるして かけていってから
なんだか
このあたり ほわん ほわん
あれから おねつなの
[PR]
# by egaoniyosete | 2004-11-10 00:00 | あまんぢゃく

雲間


今日の日が おしゃべりしてきた
曇りの隙間から ずっと ついてきた
きっと 良いことあったんね

「だ~れかさんが だれかさんが 笑うた
笑うた あとからついて行く」

そう言って ついてきた 雲間

なんだか嬉しくって 一緒に笑うた
[PR]
# by egaoniyosete | 2004-11-03 20:56 | あまんぢゃく

たまりば

このねこ ごろにゃん にゃん こくって たまりば
ぐるにゃん ころにゃん くるんって おりたら たまりば

近くに 遠くに 海へ繋がるみちがある

たぶん

潮どきっと にゃく
[PR]
# by egaoniyosete | 2004-10-27 00:00 | あまんぢゃく